勝ち組個人投資家のあいだで海外FX業者が人気な理由

Gem Forexスポンサードリンク

このサイトで海外FX業者とは?

当サイトで海外FX業者とは、以下の三つの条件にすべて合致する企業を言います。

  • 海外に本店を持つ外国籍企業であること
  • 日本の金融庁の登録業者でないこと
  • FXサービス(外国為替証拠金取引)を提供していること

FXサービスそれ自体は、国内業者でも海外FX業者基本的には同じです。

ただ、日本の監督官庁の規制を受けているか否かは、
個人投資家の享受するメリット・デメリットに大きな違いを生みます。

このサイトでは、
海外・国内FX業者を使うメリット・デメリットなどを記事にしていきたいと思います。

海外FX業者に注目が集まる理由

近年、国内FX業者に見切りをつけて、海外FX業者を使う個人投資家が増えてきました。

その理由を探ってみましょう。

国内FX業者は、日本の金融庁の登録業者として、
金融庁が定めた規制を順守してFXサービスを提供してます。

そして、日本の金融庁の規制は、個人投資家の保護に優先して、
相場急変によるFX業者の破たんリスクをヘッジすることに主眼を置いて規定されています。

また、国内FX業者の提供するFXサービスは店頭取引(OTC)が主流です。

これに対して、海外FX業者の提供するサービスはノンディーリングサービス(NDD)が主流です。

詳細は、追って説明しますが、
ザックリ言うと、海外FX業者の方が、個人投資家に有利な環境を提供しています。

より有利なトレード環境を探すことに敏感な勝ち組の個人投資家から、
国内業者に見切りをつけ、海外FX業者に流れる人が多発する現象が発生しているわけですね。

 

勝ち組の個人投資家が海外FX業者を使う本当の理由

勝ち組の個人投資家が、海外FX業者に乗り換える理由を探ってみましょう。

海外FX業者は、日本のレバレッジ規制の適用外。

海外FX業者は、日本の金融庁が定めた上限25倍のレバレッジ規制の適用を受けません。

現在、海外FX業者の提供しているレバレッジは、400~500倍程度が主流ですが、
中には3,000倍なんて言う、とんでもないレバレッジを提供している業者もあります( ´艸`)

レバレッジの上限が高いということは、
同一ポジションサイズに対応する必要証拠金の金額が少なくなるいうことです。

例えば、ある通貨ペアを、日本のFX業者で、
1万通貨トレードするために必要な証拠金が54,000円だとします。

…同じ条件で、

  • レバレッジ300倍の業者なら、4,500円の証拠金
  • レバレッジ500倍の業者なら、2,700円の証拠金
  • レバレッジ3,000倍の業者なら、450円の証拠金

レバレッジの上限が高くなるほど、FX業者に差し入れる証拠金の金額は少なくて済みます。

勝ち組の個人投資家は、ハイレバレッジを利用して、
自分のトレード手法の範囲内で、最大限の資金運用効率を実現して儲けているんですね。

海外FX業者のビジネスモデルは、個人投資家の利益と共存する仕組み。

国内FX業者のビジネスモデルは、店頭取引方式をとっています。

つまり、個人投資家のポジションの相手方は常に国内FX業者が務めています。

だから、個人投資家が儲かれば、その取引では国内FX業者が損をします。

個人投資家とFX業者の利益が相反する仕組みである以上、公平なトレード環境は望めませんよね?

現に指標発表前後のプライスや…。以下自粛

他方、海外FX業者では、NDD方式が主流となっています。

NDD方式を採用するFX業者は、
個人投資家のトレード(注文)をインターバンク市場に流すたびに手数料を得ることで収益を上げます。

つまり、個人投資家の利益とFX業者の利益が相反しないんですね。

むしろ、個人投資家が、自社で稼ぎ、
定着してくれる方が、FX業者のビジネスモデルの安定に寄与することになります。

勝ち組投資家は、自社の利益を削ぐ煙たい存在とみる国内FX業者と、
勝ち組投資家は、自社にとって有益な存在と認識する海外FX業者のどちらを使うかということですね。

個人投資家である我々にとって、
どちらのFX業者が、安心できるサービスを提供してくれそうなのか?

答えは言うまでもないですよね。

海外FX業者のルールは追証ゼロサービスが一般的

911テロ事件、スイスフランショック…
滅多にあることではないにしても、相場には、想定外の相場急変がつきものです。

そんなとき、不利な方向のポジションを保有していた個人投資家の資産はどうなるのでしょうか?

このあたりの事情は、海外FX業者と国内FX業者では大きく異なります。

国内FX業者は、追証制度を取り入れています。

つまり、相場の急変で個人投資家の損失が発生したとき、
予め預かっていた証拠金で相殺できない分は、追証として個人投資家に請求してきます。

これに対して、海外FX業者は追証ゼロサービスが一般的です。

つまり、相場の急変で個人投資家の損失が発生したとき、
証拠金で相殺できない分は、FX業者のリスクとなり、個人投資家への請求はありません。

例えば、2015年1月のスイスフランショックでは、3,000Pips以上も値が飛びましたよね?

根飛びが起きた以上、Stopを入れていても無意味、
仮に1万通貨で買ポジションを持っていれば、30万円の損失が発生したことになります。

この30万円を証拠金で賄いきれない場合は、
国内業者でトレードしていれば、FX業者から不足分の請求がやってきます。

支払えなければ、借金を背負うことになりますよね。

他方、海外FX業者なら、
口座の残高がゼロになるだけで、借金を背負うことはありません。

個人投資家にとっての危機管理として、
追証ゼロサービスを使えるかどうかの違いは大きいですよね。

勝ち組の個人投資家は、追証ゼロサービスを利用して、
万一の相場急変時の想定外の破たんリスクをヘッジしているんですね。

 

まとめ・海外FX業者と国内FX業者のメリット・デメリット

国内FX業者と海外FX業者の特徴を表で細かくまとめてみました。

ザックリ言うと…

トレードそのものに関係する項目は、海外FX業者の方が良いけど、
入出金の手数料みたいに、地理的条件に左右される事項は国内FX業者の方が経済的。

…といえますね。

ただ、入出金手数料などは、決済手段を工夫することで改善できるし、
そもそも、肝心要なトレードで、まず勝ち越し易い環境を作って稼いだ後の話しですよね。

比較項目 海外FX業者 国内FX業者  
レバレッジ
(個人)
最大3000倍 個人:最大25倍  
スプレッド 一般的に国内FXよりは広い
(ECN口座は、スプレットは小さい代わり手数料が発生)
小さい  
取引方法
(ビジネスモデル)
NDD方式
(STP方式・ECN方式)
通貨の売買が行われ、
顧客の取引の仲介手数料を
FX業者が得る仕組み
DD方式
OTC方式
FX業者が胴元となり、
顧客の注文の相手方となる。
顧客の注文は必ずしも
インターバンクに流れない。
 
FX業者と
トレーダーの関係
顧客の取引量が増えると
FX業者も儲かる
「パートナー関係」
顧客が損失を被ると
FX業者が儲かる
「利益相反関係」
 
約定力 高い 低い  
約定拒否 なし あり
FX業者に不利になると発生?
 
スリッページ ECN口座はなし
STP口座はあるが小さい
大きい
顧客不利な条件で約定する
 
取引の透明性 高い 低い。
ブラックボックス化した
自社プラットフォームを使用
 
追加証拠金
(追証)
なし
顧客の損失は
証拠金の範囲に限定される
マイナスはFX業者のリスク
あり
取引口座の損失は
顧客の負債として請求
マイナスは顧客のリスク
 
信託保全 FX業者が
登録国の規制によって異なる
義務化  
トレード
プラットフォーム
MT4、cTrader
その他プラットフォーム
自社開発プラットフォーム
一部FX業者でMT4取扱あり
 
ソーシャルトレード 一部業者で取り扱いあり なし  
VPSサーバー
無料利用
一部業者で取り扱いあり なし  
最低取引量 1000通貨~ 1万通貨~
一部業者は1000通貨~
 
税金(個人) 雑所得
累進課税(0~40%)
申告分離課税(20%)  
入金方法 海外送金
国内送金(銀行振込)
クレジットカード
国際決済サービス
国内送金(銀行振込)  
入金手数料 クレジットカードなら0円、
国内送金なら数百円
無料 or 数百円  
出金方法 海外送金
国際決済サービス
デビットカード
(コンビニATMで出金可能)
国内送金(銀行振込)  
出金スピード 国際決済サービスで1日ほど、
海外送金は3日~5日ほど
銀行振込みで最短当日反映  
出金手数料 国際決済サービスから
国内銀行送金は1000円程度
国内銀行への送金は
1回3,000円~5,000円程度
無料 or 数百円  
問い合わせ対応 日本語対応あり 日本語  

 

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です