NDD(STP・ECN)方式とDD(OTC)方式、個人投資家にとって有利な注文処理方法はどちらでしょうか?

Gem Forexスポンサードリンク

NDD(No Dealing Desk)方式とは

NDD方式とは、個人投資家の売買注文をFX会社が受ることなく、直接カバー先の金融機関に発注、またはインターバンク市場に流して約定させる方式です。

ディーラー(FX会社)の自己勘定を介さずに注文を処理するので、No Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)方式と呼ばれます。

NDD方式は、個人投資家の注文処理方法によって、STP方式とECN方式の二通りがあります。

いずれにせよ、NDD方式を取るFX会社の収益は、仲介手数料だけなので、個人投資家とFX会社の利益相反が起きず、非常に透明性の高い方式と言われています。

信頼できる海外FX会社の多くが、NDD方式の注文方法を採用しています。

STP(Straight Through Processing)方式

STP (Straight Through Processing)方式とは、個人投資家からの注文を直接、リクイディティプロバイダー(Liquidity Providers)等のカバー先へダイレクトにオーダー(DMA)する注文処理方式です。

STP方式は、FX会社がリクイディティプロバイダーやフォレックスマーケットブローカーから直接価格提示を受け、最も有利なプライスを提示した相手先に個人投資家の注文を処理します。

LPによって、有利な時間帯や通貨ペアは様々なので、安定して有利なサービスを提供できるだけのLPと提携しているFX会社を選ぶことが大事です。

ECN(Electronic Communications Network)方式

ECN (Electronic Communications Network)方式とは、個人投資家からの注文を、大規模なグローバル銀行や大手リクイディティプロバイダー、投資家等が相互に注文を出し合ってマッチングする方式す。

ECN方式は、一方の取引相手が注文を行えば、その情報を板情報として確認しながら注文できるので非常にフェアで透明性の高い注文処理方法です。

 

DD(Dealing Desk)方式とは

相対取引(DD方式)とは、FX会社が個人投資家の取引の相手方となる注文処理方法です。

FX会社は、カバー先が提示したレートを参考にして、そのFX会社で決定した為替レートを投資家に提供します。

プライスの設定はFX会社の言い値になるので、極端な話、スプレッド0銭を提供することも可能です。

また、個人投資家の注文をカバー先に発注するかどうかはFX会社の裁量なので、カバーしない場合は、個人投資家が負ければFX会社の利益になります。

そのため、個人投資家に不利な条件でのスリッページなど、FX会社側に有利な操作などが起こる可能性も0ではありません。

個人投資家とFX会社の利害が利益相反の関係になるので、必ずしも透明性の高い方式とは言えませんね。

国内FX会社のほとんどがDD方式を採用しています。

 

NDD方式とDD方式のメリット・デメリットは?

NDD方式を採用するFX会社の収益源は、個人投資家に提示するプライスのスプレッド、或いは、別途に設定する取引手数料だけになります。

これに対し、DD方式を採用するFX会社の収益源は、個人投資家に提示するスプレッドの他、個人投資家の注文を呑む(カバー取引しない)ことによっても収益を上げることができます。

ところで、DD方式のFX会社は、自社で自由にスプレッドを決定できるため、NDD方式より有利なスプレッドを提供するFX会社もあります。

他方、NDD方式を採用するFX会社は、スプレッド(或いは取引手数料)だけがそのFX会社の収益源となるため、DD方式を採用するFX会社より高めになります。

NDD方式を採用するFX会社は、個人投資家が、安定・継続して取引しなければ手数料(スプレッド)収益が減ってしまいます。

そのため、自社の顧客となった個人投資家が出来るだけ利益を出しやすい環境を整えることで取引を継続して欲しいと考える立場になります。

これに対し、DD方式を採用するFX会社は、スプレッド収入のほかにも、個人投資家の注文を呑むことでも収益を上げることができます。

NDD方式はDD方式に比べ透明性が高く、利益相反にならないので不正等が起こりにくい環境と言えますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です