2022年5月27日 金曜日の経済指標・要人発言予定(結果追記済)

海外FX、経済指標アイキャッチ

 

海外FX取引で勝ち越すには、経済指標や要人発言などの発表時間を把握することが欠かせませんよね。

2022年5月27日 金曜日に予定されている主な経済指標・要人発言の予定はこんな感じです。

海外FX初心者の方にお勧め!

GEMFOREXアイキャッチ画像

日本人によるサポートが充実したGemForex。

スポンサードリンク

海外FX市場・本日の経済指標・要人発言予定

時間 通貨 指標 結果 予想 前回
2022年5月27日 金曜日
0:00   USD カンザスシティ連銀製造業総合指数 (5月) 23 25
0:00   USD KC連銀製造業指数 (5月) 19 28
0:30   USD 4週物短期米国債入札 0.74% 0.64%
0:30   USD 8週物短期米国債入札 0.92% 0.90%
2:00   USD 7年物中期米国債入札 2.78% 2.91%
8:30   JPY 東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (5月) 1.90% 2.00% 1.90%
8:30   JPY 東京消費者物価指数 (前年比) (5月) 2.40% 2.50%
8:30   JPY 東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (5月) 0.10% 0.40%
10:30   AUD 小売売上高 (前月比) (4月) 0.90% 0.90% 1.60%
10:30   CNY 中国鉱工業利益 (前年比) (4月) -8.60% 12.20%
10:30   CNY 中国鉱工業利益(前年比) (4月) 3.50% 8.50%
12:30   THB 関税ベース輸出データ (4月) 9.90% 14.60% 19.50%
12:30   THB 関税ベース輸入データ (4月) 21.50% 16.40% 18.00%
12:30   THB 関税ベース貿易データ(USA) (4月) -1.910B 1.460B
12:40   VND ベトナム 外国直接投資(米ドル) 7.71B 5.92B
13:00   IDR インドネシアのM2マネーサプライ (前年比) (4月) 13.60% 13.30%
16:00   EUR 小売売上高 (前年比) (4月) 1.50% -1.90% -4.10%
17:00   EUR イタリア貿易収支非欧州連合 (4月) -2.29B -0.51B
17:00   TWD 国内総生産(GDP) (前年比) (Q1) 3.14% 3.06%
17:00   EUR M3マネーサプライ (前年比) (4月) 6.00% 6.30% 6.30%
17:00   EUR 非金融企業向け融資 (4月) 5.20% 4.20%
17:00   EUR 銀行貸出残高 (前年比) 4.50% 4.50%
18:10   EUR 6ヶ月物イタリア国債入札 -0.09% -0.31%
20:30   INR 外貨準備(米ドル) 597.51B 593.28B
20:35   USD 連邦公開市場委員会メンバー、ダドリー発言する
20:35   EUR ECBのレーン氏発言
21:30   USD コアPCE物価指数 (前月比) (4月) 0.30% 0.30% 0.30%
21:30   USD 個人消費支出価格指数コア (前年比) (4月) 4.90% 4.90% 5.20%
21:30   USD 良好な貿易収支 (4月) -105.94B -125.94B
21:30   USD 個人消費支出物価指数 (前年比) (4月) 6.3 6.6
21:30   USD 個人消費支出価格指数 (前月比) (4月) 0.20% 0.90%
21:30   USD 個人所得 (前月比) (4月) 0.40% 0.50% 0.50%
21:30   USD 個人支出 (前月比) (4月) 0.90% 0.70% 1.40%
21:30   USD 実質個人消費 (前月比) (4月) 0.70% 0.50%
21:30   USD 小売業在庫(自動車を除く) (4月) 1.70% 3.50%
23:00   USD ミシガン5年インフレ予測 (5月) 3.00% 3.00% 3.00%
23:00   USD ミシガン消費者信頼感見込み最終 (5月) 55.2 56.3 62.5
23:00   USD ミシガン大学消費者信頼感指数 (5月) 58.4 59.1 65.2
23:00   USD ミシガン消費者信頼感予備 (5月) 63.3 63.6 69.4
23:00   USD ミシガン大学期待インフレ率 (5月) 5.30% 5.40% 5.40%

 

海外FX市場・本日の注目時間帯

  • 市場参加者の注目度の高い指標等の発表前後の時間帯は、関連通貨ペアの流動性が低下する可能性を考慮する必要があるかも知れませんね。

 

免責事項
  • 当サイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものです。
  • 投資に関する最終判断等は、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
  • 掲載する情報の内容に関して万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
  • 当サイトに掲載した情報等に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイト及び情報提供元は一切の責任を負いかねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください